かさばる調理器具を収納するテクニック

ちょっとした工夫でキッチンをすっきりと!調理器具の収納法。

ごちゃつくキッチンまわりをスッキリさせよう

最近人気の100円均一。 誰でも行った事があるはずの場所だと思います。 そんな100円均一にも収納に活躍するものが、沢山あります。 お値段はチープでも、便利な調理器具がいっぱい。 なかなかのアイデア商品のものもあるので、気になったら使ってみたいと思いますよね。 お値段が安いぶん、チャレンジもしやすいです。

料理もはかどるキッチンに

料理中に、使いたいものをさっと使えたら、とても便利ですよね。 自分にとって使い勝手の良いキッチンに、どんどん変えていってみましょう。 流行のDIY。 百均のものから、デザイン性の高い少々高値のものまで、きっと気に入るものがあるはずです。 まずは、どんなテイストに仕上げていくのか考えてみましょう。

便利な収納のアイデア

理想のキッチンとは、オシャレで雰囲気があるデザイン性と、とにかく便利で使いやすいキッチンではないでしょうか。 使いやすいキッチンは、もし友人や家族がきてもみんなが使いやすく、お手伝いもしやすいです。 便利に収納すれば、どんな時も使いやすいキッチンになります。

便利な調理器具をかしこく使おう

キッチンは主婦にとっての職場、ともいえるぐらい大事な場所です。
主婦ではなくても、料理を作る人なら誰しもキッチンという場所は特別です。
毎日使う場所だから、便利で使い勝手がいいのが理想ですよね。

戸建てや大きなマンションに住んでいれば、必然的にキッチンも大きいと思いますが、逆に賃貸物件などの場合はキッチンがとても小さい場合があります。
料理を作る、という前提で作っていないような物件も多い印象です。

でも、収納は広さではありません。
重要なのは見せ方なのです。
狭いスペースでも上手に収納すれば、かえってすっきり広々と見えてしまいます。
広さのないキッチンでは見せ収納をぜひ活用しチャレンジしてみてください。

料理をする時に使う調理器具は、レンジフードにS字フックをひっかけ壁にぶら下げてしまうのもオススメ。
ひとつふたつというよりは、フックを使って沢山かけてみましょう。
厨房の雰囲気が出てオシャレになります。
この時、できれば同系色、または似たようなテイストの調理器具を並べるのがポイントです。

大きいキッチンの場合は、引き出しの中にファイルケースを並べて入れ、そこへフライパン類を立てて入れたり、食器棚に入りきらない大きいお皿などを収納してみます。
しまう引き出しが無い場合、吊り下げのラックをキッチン棚にはめ込んでみると簡単な棚ができます。
そこへコップを逆さまに収納してもいいし、ペーパー類やマグカップなどを入れたりしてもスッキリします。

きちんと収納して飾れば、見た目もスッキリと見え、また使う時も便利で手早いはずです。